スマとものアプリ

スマともは、スマホのiPhoneとandroidだけでなくWindowsPhoneにも対応した位置情報を利用した出会いアプリです。

アプリを起動すると地図上にユーザーが表示され、チャットをすることができて一時期は目新しさからGPSを使った出会い系として人気でしたが現在は過疎っています。

スマともは大手のサイトと違ってインターネット異性紹介事業の届出をしておらず、出会い系サイト規制法を順守していないのが気になります。

法律違反で閉鎖になったサイトは数しれず…スタービーチなどの1億PVを誇る掲示板でさえも閉鎖しました。出会いアプリは一つのだけに頼らないようにしたいですね。

一方でPCMAXは2002年から続いている人気の出会い系です。

ウェブ版とアプリに対応していますので万が一アプリが削除されてもウェブからログインができます。

\ 無料で1分で登録ができる /

PCMAXを見てみる

今なら1000円分のポイント付き(女性は無料)

スマとものアプリの人気は落ちつつありますが評判を解説していきます。

スマともの評判は悪い

スマともの口コミ

スマともの口コミを見ると、スマともはリリース当初はGPSが使えて人気でしたが、評価が低く利用者が減っています。

評価が低い理由は、広告の多さと、海外アプリであることがあげられます。

日本で開発されたアプリではないので使うには注意が必要でAppStoreのアプリは削除されたため復活して「スマともHD」となっています。

大手のPCMAXはファッション誌やビル、トラック、うちわ、ポケットティッシュに広告を掲載したり、アフィリエイトを使ってネットで宣伝をして、大量にユーザーを獲得しています。

その結果、出会えるアプリとして会員数が1200万人に達しています。

しかし、スマともの宣伝活動はツイッターの公式アプリぐらいです。

ポイントを購入する方法がありますがチャットを送る女性が少なすぎてポイントを消費することは少ないため、毎日ルーレットを回していれば無料で遊べる出会いアプリになっています。

都心のど真ん中でしたら入金が必要になるケースがあると思いますが、そこ以外でしたら入金の必要はないのです。

ベタベタの広告費で運営しているためルーレットを回したり足跡を確認したりするとポップアップで他社の出会い系の広告サイトが現れます。

競合他社の広告を掲載して、その広告費を収益としているのです。

自社のサービスを利用させる方法を取らずに、他社の広告を掲載することにより生き残ることを選択したのでユーザーは増えにくいのです。

利用料金が安すぎて出会えない

スマともは他の出会い系にない素晴らしい特徴を備えた出会いアプリだと思います。ぱっとみこれだけでもかなり魅力的です。

  • ほぼ無料のアプリなのに、動きもスムーズだし、フリーズすることはほとんどない
  • GPSの位置ずれや有無が自由自在
  • 人気のある女性ユーザーに対してのみ、チャットをするとポイントを消費させる
  • 一度チャットをしたら1時間は無料でやり取りし続けることができる

かなり完成度の高いアプリにもかかわらず、宣伝によりマネタイズしてしまうのは非常にもったいないです。

プロフィール回覧を10ポイント、チャットを50ポイントにして入金をしてもらうようにすべきです。入金するユーザーはマナーがよく質が高い一方で無料のユーザーは冷やかしのようなチャットを送る傾向があるからです。

その利益で、他社の宣伝を停止し、スマともの宣伝に充てれば、質の高いユーザーの獲得ができるでしょう。

せっかく良いアプリなのに、他社の宣伝をしてユーザーを逃がしてしまうのはもったいない。

日本語が誤記だらけで信頼をなくす

さらにスマともに人気が出ない理由として、海外産のアプリということがあげられます。

使っていても日本語が違っていて混乱を招きます。
運営に日本人が絡まずに翻訳ソフトでも使っているのでしょう。

スマともの利用規約

アプリの利用規約は重要なのですが、翻訳ソフト以下の日本語でひどいです。例えば、「出会いアプリ」と記載すべきところも、であい、出合い、出逢いと4種類の文字が入っています。非常に見にくいです。あとこれ。

福岡、沖縄、長野、渋谷、愛知等、エリアで出会える!

なんで、この4県1区を選んだのか疑問です。普通は東京、横浜、大阪、愛知、北海道、福岡などもっと人口の多いメジャーな都市にすべきです。利用規約を書いた人が、中国人が知っている地名を順に5つを上げただけかもしれない。それなら納得がいく。

英語・中国語・韓国語・フランス語・スペイン語・アラビア語での出会いに対応

ドイツ語とポルトガル語を差し置いて、アラビア語が入ってくるとは…恐るべしスマともですね。

かまちょーな時

これも狙ってボケてるわけではなく、かまちょーな時という言葉が存在すると思っているのでしょう。

いろいろありますが、利用規約はアプリに表示されるわけではありませんのでランキング外として、ここから異常な日本語ベスト3を1位から掲載します。

ごめんなさい

既読しても良いよ!

チャット画面で上からしたにフリックすると表示される画面。

全部の未読メッセージを既読にします。

ごめんなさい・良いよ!

ごめんなさいって誰に謝ってるのでしょうか。
また、良いよ!だけ、なぜかビックリマークがついています。YES or No ぐらいで十分なのですがね。続いて2位です。

ルーレットをやってみましょうか

スマとものルーレット確認

ログインボーナスルーレットのチャンスがあるから、やってみましょうか?

文法と言うか敬語の使い方がおかしいですよね。ログインボーナスのルーレットをやります。「はい・いいえ」で良いのですけどね。

弾幕オフ

スマともの動画

スマともにはニコニコ動画をパクった?ような動画機能があるのですが、そこのコメントをOFFしたい場合に、「弾幕オフ」を設定します。弾幕ってw

ちなみに、この動画機能は自撮りで容姿をアピールするのに使われています。
ニコ生は、アイドルや有名になりたくて容姿をアピールすることが多いですが、出会いアプリで容姿のアピールは、危険な香りしかしませんね。

本家と同じく辛辣なコメントが続く。これはトラウマでしょ。正直、使うメリットは分からないが暇つぶしにはなります。

スマともの人気アイドル

しかし、動画を乗せている可愛い子と言うのは人気が殺到し、スマともで会うことはVIP会員でも難しいでしょう。

出会える確率は宝くじ並みとなってしまいます。

その他にも違和感を覚える日本語が多数あります。やはり海外製のアプリは不安ですよね。

スマトモというオモチャがある

スマともで検索すると、出会いアプリに混ざって子供用のおもちゃも検索結果に表示されます。

出会いアプリは『スマとも』ですが、玩具の『スマトモ』はすべてカタカナです。せっかくなので、『スマトモ』についても調べてみました。

おもちゃのスマトモ

スマトモはスマホの形をしたバンダイの玩具でピンクとブルーとドリィーパールの3色あります。小学生にとって中高校生や大人が持っているスマホを持つことはステータスであり憧れです。

ゲームアプリをやりたいから親のスマホを使わせて!という子供も多いでしょう。

そんな子供の夢を叶えるのが、スマトモと言うわけです。2013年に発売されていて、amazonで価格を見ると、すでに70%OFFの3000円まで値崩れしています。価格の下がり方も本物のスマホっぽいですね。

新機種はなかなかでませんが。

スマトモでできること

タッチパネルも実装されてタッチパネルはタップやスライドもでき、カメラもついていてマイクロSDカードもはいりmp3の音楽も再生できます。これらはアプリから操作します。

カメラで撮った写真をデコるアプリもあります。リズムゲームなんかもついていますね。一昔前では考えられないような機能が盛り込まれています。

通信はできませんのでアプリの追加はできませんが、QRコードを使って友達と画像のやり取りはできるようです。

単4電池で動くのはちょいとダサイですし電池の消耗は激しいですがパナソニックのエネループで凌ぎましょう。

amazonのレビューもかなり高いですし、お買い得なので、子供だましにはちょうど良い玩具ではないでしょうか。

スマホのおさがりで代用

さて、ここまではスマトモを褒めましたが、やはり子供には本物のスマホがいいはずです。

そこで、使わなくなったスマホを子供に渡すのはどうでしょうか。

家にインターネット回線があれば、wifi通信をすれば、本物通信できるスマホを月学無料で子供に無料で使わせることができます。CDがなくても音楽もyoutubeで聞きまくれますよ。

wifiだけですから、電話することもできませんし、アプリをインストールするgoogle playやituneストアなどをデスクトップから非表示にしてしまえば、子供たちはアプリをダウンロードすることができません。

心配な人は電話帳やアプリ課金がされてしまわないように、クリーンインストールをしてアカウントを削除しましょう。

インターネットもフィルターをかけてしまえば、だいぶ抑えることができるでしょう。

間違っても出会いアプリをインストールさせてはいけません。

おもちゃのスマトモは6歳から出会いアプリのスマともは18歳になってからです。

登録は位置情報で家バレに注意

スマとものプライバシーの設定

スマともをインストールしたら位置情報の許可の選択が出ますが、許可をするとGPSにより現在地が公表されてしまいますので最初に位置情報の設定をします。

GPSはグーグルマップを上に表示されかなり詳細な位置までわかりますので位置情報誤差の設定はメニューからプライバシーの設定を選びましょう。

初期設定のままだと自分の今いる場所を正確に公開してしまうことになるので自宅の位置が特定されかねません。

スマともは初めに位置情報を隠す

スマともの位置設定

初めは「正しい位置」に設定されているのを1000メートルのずれに設定しておきましょう。
アプリを起動する度にランダムに自分の位置情報から1キロ離れた位置に偽装されます。

これで家がばれることはありません。

「位置を隠す」というメニューもありますが、男性が有効にすると地図検索の際に存在しなくなるだけでなく業者と疑われ出会いの可能性が極端に下がってしまいます。

スマともを出会う目的以外で利用するなら問題ありませんがGPSを使った出会いアプリなので有効にしましょう。

ハッピーメールのアプリも距離が表示されるので気を付けてください。

プロフィールに顔は載せよう

スマとものプロフィールは自分をアピールするための材料となりますのでできるかぎり丁寧に作っていきましょう。

スマとものマイページ

会いたくなりやすいマイページの設定方法と注意点について説明します。

スマとものマイページの写真は最大のアピールポイントですので、自分の顔をできる限り載せましょう。

ぎゃるるもそうですが、無料のアプリは基本的に顔出しをしないと会えません。

横顔やアイコンで隠すなどして雰囲気が分かるぐらいで隠しても問題ないです。

出会いアプリは男性が圧倒的に多いので、顔を出せないなら、顔を載せている人に興味が移ってしまいます。

チャットをして仲良くなっても、会う前やLINEを交換した後に相手は「顔を見たい」と言ってきますので、いずれは通る道です。
※スマとものパパ活や割り切りの場合は基本的に要求されません。

顔を送れなかったり、送ったとしても相手が拒絶反応を起こしてしまうような写真だった場合はそこから進展することは難しくなり、今までのやり取りやポイントが無駄になります。

だったら初めの段階で顔を載せるか、全体に公開するのがいやならば、チャットで顔を添付することを勧めます。

ちなみに、ペアーズやomiaiなどのマッチングアプリはさらに厳しくて、顔出しをしないとマッチングすらしませんのでメールも送れません。

自己紹介に目的を書こう

スマともは、不倫や遊び、パパ活、真面目な恋愛など、様々な目的の人が登録をしています。

特に写真と目的については、地図やリストにも表示されますので、変なことは書かないように注意すべきです。

初期設定がチャットしたいになっていますが、チャットだけで終わりたい人はいないはずです。

  • ドライブしたい
  • お酒を飲みたい
  • LINEをしたい

など、自分の目的に合った内容にしましょう。

プロフィールの願望

その他の年齢や結婚歴なども、すべてを正確にとは言いませんが、未記載は不信感を与えますので書いておきましょう。
海外製のアプリであるため、人種も日本ではなくアジアとしないといけないなど、不憫ですけどね。

facebookの公開に注意

スマともはfacebookやtwitterのアカウントを認証することができます。

facebookは実名で運用されていることがほとんどなので、出会いアプリを実名でやっているのと同じことになります。

本人と特定されるようなアカウントと紐づけするのは避けましょう。

女性でもfacebookと連携して本名がバレバレの人がいますが大丈夫なんでしょうかね。

マイページのfacebook

facebookマークのついている人は本名が分かるだけでなくfacebookからメッセージを送ることもできてしまいます。
twitterの設定も同様です。

SNSでポイントを節約

スマともは上手く利用すればポイントの節約ができます。

マイページの提携

電話番号とメールアドレスは提携をしておけば、公開されるわけではありませんし、ポイントも貰えます。

また、スマホが壊れた時や機種変更のときに、内容を引き継げるので、提携しておく方がよいでしょう。

メールアドレスの認証

スマともでメールアドレスの登録はしておくべきです。
スマホが壊れて他の端末で利用すると、今までのチャットやプロフィール情報がすべて消去された状態になってしまうからです。

スマとものメールアドレス認証

アドレスが認証されれば50ポイントが貰えますので登録を推奨します。

スマとものアドレス認証後のポイント

ポイントの消費して足りなくなった場合はスマともの入金方法について に記載しています。

スマともの体験談

スマとものチャットはポイントが発生しますので有料アプリになりますが、新規登録時にお試しのポイントがもらえたりルーレットを回せばポイントを貰えますので無料で遊び続けることも可能になります。

ポイントは140円から入金が可能でお得な料金設定になっていますが、料金が安い分、広告の表示と男性ユーザーが多いです。

登録は電話番号に紐付けされ、電話番号1つにつき1ユーザーなので重複登録などができないようになっています。

大手の出会い系と比較すると、見劣りする点は多数あります。例えば、ユーザー数が少なかったり、パソコンからの利用ができなかったりします。

迷惑チャットに注意

スマともは、日本ではなく海外製のアプリです。海外から迷惑チャットを送られてくることもあります。

日本は狭いので出会い系と言えば会うことをイメージすると思いますが、世界は画面上でチャットすることでも成り立つ文化なのです。

個人情報が流出して大問題になったカナダのアシュレイマディソンも、サクラとのやり取りがメインでほとんど会えないことが実証されています。

チャットを受信するとステータスバーにアイコンが表示されますが、1通につき1件表示されるので、ステータスバーが全てアイコンで埋まってしまうという悲惨な状況になりました。

スマとものステータスバーのアイコン

最近は対策され、ステータスバーの表示も自由に設定できるようになりました。
このようにユーザーのニーズに合わせて改善していくスマともの姿勢も評価されています。

業者とLINEをしてみた

スマともで女性を検索しているとプロフィールにLINEのIDをそのまま掲載している美人な子がいます。(実際は業者です)

そんな怪しすぎる相手にLINEを送ってみました。スマとものライン業者がこちら。

スマともにLINEを載せている美女

スマともにLINEのIDを掲載している業者をLINEの友達検索をしてみると、同じプロフィール画像の子がいましたので追加します。

LINEにいた美女

ではさっそく、期待をせずにLINEを送ってみます。「こんばんわ」っと。

業者のLINE1通目

2分後にすぐに返信がきましたが質問してきています。え?まさか本物?

…だったら嬉しいのですが、これはコンピューターの自動応答です。
こちらの返信の内容を理解しないで数分後に勝手に返信してきます。

ラインの自動返信

このように、どこに住んでいるの?と聞いても、完全に無視で完全に業者です。

なんか書き込みしたらゲーム招待がすごいwゲームはよくするの?私は全然しない(^_^;)

まともに返事をするのは時間の無駄なので、とりあえず、「あ」と返すだけでもやり取りができちゃいます。

続けてみましょう。

業者とのLINEのやり取り

まだやっています。

写メを送るとかの話になっています。
相手を可愛い女の子だと信じて真面目に返信しちゃっている男を想像すると可愛そうです。

長いですね。最後はどんな誘導をされるのか楽しみです。

でも今ちょうど自撮りしてるとこなんだよねw ちょっとオークションに出品する為に色んな撮影をしてるとこ。オークションってする?

さて、最後にオークション?の怪しい話が出てきました。
いよいよですかね。

LINEから他のアプリへの誘導ページへ

最後にきましたURLの御開帳です。
そこからは返事しても無視です。お役御免なのでしょうね。

LINE業者のURL

さて、そのURLにアクセスしてみます。(決してマネしないでください)

Google Playに飛びました。これはAndroidアプリへの誘導です。

誘導アプリ

どうやらメルカリのアプリのようです。なぜに?
アフィリエイトで宣伝の紹介料が入るのでしょうか。

メルカリを宣伝する中間業者が報酬を支払うと思いますが、メルカリは完全にイメージダウンで被害者ですね。

スマともはプロフィールに割り切りの内容を記載していると、アカウントを停止されますが、LINEのIDを掲載するのはセーフです。

業者は位置偽装アプリを使っている

スマともをやっていると、こんな悪徳業者が近くに住んでいるだ…とぞっとする必要はありません。
おそらく、彼女たち(たぶん彼ら)は位置情報変更アプリを使って位置を偽装していますので近くにいるように見えるだけです。

そして場所を転々とさせて、いろいろな土地でアクセスを待っているのです。

おいしい話には罠がある。

出会い系で会うのは簡単ですが、あきらかに業者と分る相手とのやり取りは避けましょう。

スマともより会えるアプリ

PCMAXは会員数が1400万人を突破し運営が18年続いている人気の出会い系です。

\ 無料で1分で登録ができる /

PCMAXを見てみる

今なら1000円分のポイント付き(女性は無料)

ポイント

無料で会うことも可能ですが登録二日以内のポイント購入がお得になっています。

続いてのオススメはハッピーメール で使い方や料金も同じで使いやすいです。

質問がありましたら問い合わせからご連絡ください。

© 2021 スマとものアプリ