スマとものブロック機能

更新日:

スマともは悪質なユーザーに対してブロックすることができます。

嫌な相手を無視することができる機能は出会い系アプリでは必須の機能ですね。そんなスマとものブロック機能を男女二つのアカウントを使って徹底的に調べてみました。

スマともに限らず、出会い系や、メッセージアプリも大体おんなじですけどね。ブロックした相手を刺激しないため、こっちは通知がこず、相手は未読のままみたいなケースが大半です。

もちろん、出会い厨に一番人気のPCMAXにも搭載されています。

スマともでブロックをしたい場合

プロフィールから右上のメニューを選択すると、ポップアップ画面が表示され、友達リストやマップ上から探すなどの機能が出てきますので、その中でブロックを選択します。

スマとものプロフィールからブロック

しつこいユーザーはブロックでいいですが、アドレス回収業者や援助交際のユーザーは報告をすればすぐにアカウントが凍結させられます。

スマともでアカウントが停止する理由

スマともは報告に対して厳しいのでパパ活や個人売春には向かないアプリです。

ブロックを押すと有効になりプロフィール名に(ブロック済みのユーザー)という表示が残ります。

スマとものブロック済みのユーザー

ブロックしたユーザーからのチャットは通知も表示の更新もされなくなりますので、チャットの履歴も消してきれいさっぱり忘れましょう。

ちなみにブロックをしてもマップ上に表示されますし、チャットを送ることも可能です。

ブロックリストの管理

設定メニューからブロックリストをタップすると、過去にブロックしたユーザーの一覧を確認することができます。

スマとものブロックリストの確認

リストからプロフィールを選択してブロックを解除することができますがブロック中に送られたチャットの内容は復活しません。

ブロックをされるとどうなるのか

自分がブロックをされた場合はどうなるのかは友人のスマホを借りて確認しました。

ブロックされたユーザーのプロフィールにアクセスができますしチャットも送ることができましたが相手には何の通知もされずチャットは未読のままです。

したがって、ブロックをされてるかどうかが分からないのです。

相手に何度もチャットを送っても既読にならない場合は未読スルーをされているわけではなくブロックされている可能性があります。

PCマックス のようにブロックされたらプロフィールにアクセスできないようにしてしまえば分かりやすくていいのですがブロックされた相手を刺激させないためのスマともの策略かもしれません。

ポイントを無駄に消費させるためという営利的な感じも否めません。

使い方の最終章として、スマともの退会とアカウントの削除についてご覧ください。

ブロックの機能の搭載があたりまえになった

スマともに限らず、PCMAXやハッピメールなどの出会い系アプリや、斉藤さんやKoeTomo(声とも)など通話アプリ、LINEやカカオなどのメッセージアプリでもブロック機能は標準装備されています。

ユーザー同士がやり取りする際にブロックはトラブルの防止になりますからSNSの時代に必須の機能と言えます。

もし、通報やブロック機能が付いていないSNSアプリがあるとしたら、怠慢であり悪徳である可能性が高いでしょう。

スマともより会えるアプリ

PCMAX は会員数が1200万人を突破し運営が17年続いている人気の出会い系です。

18歳未満は利用できませんので注意してください。

退会も無料で3タップですし迷惑メールもきません。

ポイント

男性はメール1通50円で今なら600円分の無料ポイントが付き、女性は無料なのでお試し登録する人が多いです。

お試しポイントで会うことも可能ですが入会直後のポイント購入お得になっています。

続いてのオススメはハッピーメール でシステムはほぼ同じです。

質問がありましたら問い合わせからご連絡ください。

無料で登録と退会が簡単にできます

PCMAX(R18)を見てみる

男性は当サイトからの登録で600円分ポイント付き(女性は完全無料)

-スマともの使い方

Copyright© スマとものアプリ , 2019 All Rights Reserved.